新宮山彦ぐるーぷ 平成23年度(2011)行事一覧表

回 数

実 施 日

   行    事    名

延参加者

1544

0102

新春初山行 禅舎ノ倉(V・875.0m)

  9名

1545

0105

行仙宿巡回と砂・バラス荷上げ

  1名

1546

0118

行仙宿巡回と各所お札参上

1名

1546-2

0123

行仙宿巡回

  3名

1547

0213

禅舎ノ倉別ルート

  6名

1548

0226

行仙宿巡回と浦向道踏査

  3名

1549

0306

白倉山(736m)・玉置山(777m)

  3名

1550

031920

地蔵岳鎖場改修

 15名

1551

031631

東日本大震災義援金

39名

1552

0403

持経宿巡回

  1名

1553

0407

行仙宿ソーラーバッテリー交換

  2名

1554

0410

玉置山〜大人平山(V・667.9m)

  6名

1555

0410

平治宿巡回

  1名

1556

0417

地蔵岳鎖補修

  5名

1557

0424

行仙宿連休準備

  3名

1558

0429051

0430053

0430051

050102

050305

050405

行仙宿連休管理と関連整備

 〃       〃

 〃       〃

 〃       〃

 〃       〃

 〃       〃

 18名

  4名

  4名 

  2名 

 12名

  2名

1559

0430054

持経・平治宿管理と関連整備

  5名

1560

051415

行仙宿関連整備作業

 11名

1561

051617

行仙宿関連整備作業

  9名

1562

0521

行仙宿、天台寺門宗(27)通過接待

  5名

1563

0524

持経宿、平治宿巡回と接待準備

  1名

1564

0528

052829

行仙宿、熊野修験接待準備

行仙宿、熊野修験接待とサポート

  3名

 12名

1565

052829

持経宿、熊野修験通過接待

  4名

1566

0531

西山、標柱採取

  1名

1567

0607

行仙宿巡回整備゛

  3名

1568

0612

十津川、点名:樫原(V・535,0m)

  3名

1569

0615

行仙宿ソーラー発電増補ほか

  2名

1570

0623

行仙宿巡回

  1名

1571

0629

行仙宿ソーラー発電改修とバッテリー増補

  3名

1572

0703

池郷林道手入れ、両小屋巡回

  4名

1573

070911

070910

071011

行仙宿・持経宿、竹林院接待と関連作業(2)

行仙宿・持経宿、竹林院接待と関連作業(6)

行仙宿・持経宿、竹林院接待と関連作業(4)

  6名

 12名

  8名

1574

072324

行仙宿巡回整備(3名)

  4名

1575

0731

四ノ川林道補修

  6名

1576

0805

池郷林道踏査と持経宿巡回

  2名

1577

0807

行仙宿巡回

  3名

1578

081112

持経宿管理、阿須迦利岳倒木処理(1)

  2名

1579

0814

行仙宿巡回

  1名

1580

082526

行仙宿、小笠原氏一行接待(3)

  6名

1581

0828

深仙宿、伊富喜師追悼

  1名

1582

0913

行仙宿、台風12号被害調

  3名

1583

0924

行仙宿水場復旧

  4名

1584

100102

吉野・竹林院 塩川正十郎先生卒寿祝賀会

 71名

1585

101819

行仙宿犬走り舗装と擁壁補修(11)

 20名

1586

1020

十津川村見舞と白谷林道調

  2名

1587

1025

花折塚周辺道標設定下見、行仙宿巡回

  1名

1588

102628

行仙宿周辺巡回(4)

  8名

1589

1103

池郷林道調査

  1名

1590

1105

行仙宿、発電機新旧上げ下ろし

  4名

1591

1109

池郷林道崩壊地高捲径整備

  2名

1592

1112

池郷林道踏査・

  1名

1593

111416

1115

持経宿・平治宿の非常食交換と倒木処理’1)

持経宿・平治宿巡回整備と高捲道整備

  3名

  3名

1594

1116

世界遺産「吉野・大峰」地域連絡協議会

  2名

1595

1123

行仙宿〜笠捨山倒木処理(66次刈峰行)

  4名

1596

1127

花折塚周辺道標設定と倒木処理

  3名

1597

1204

行仙宿〜倶利迦羅岳と倒木処理(67次刈峰行)

  6名

1598

1207

奈良森林管理事務所訪問・協議

  5名

1599

1210

行仙宿登山口バラス移送荷上げ

  2名

1600

1218

持経宿・平治宿迎春準備、転法輪岳倒木処理

  6名

1601

122223

行仙宿迎春準備、薪作り、忘年会(15)

 30名

実施59回      参加者76名 (他37名)   延べ456日 

総    括  (玉岡代表)

平成23年(2011)は、3月11、日東北地方沖に発生したマグニチュード9の大地震、大津波、そして原子力発電所の爆発、放射能汚染で大災害となり、国を挙げての懸命な対策、救済中。

今度は9月3日、紀伊半島に未曾有の洪水が発生して、熊野川をはじめ広く全域に大きな災害をもたらせました。我々の仲間にも大なり小なりの被害がありましたが、幸い人命は皆無事だったのは何よりでした。常日頃の交流のお陰で遠近各地から復旧に駈けつけて下さったり、救援物資をお届け下さったり、お見舞金まで頂戴して大いに助けられ、力づけけられたものでした。

 我々管理の山小屋は、安泰でしたが、これに通じる白谷、池郷両林道が崩壊するなど、持経・平治両小屋の維持管理が一段と不便困難となりました。一方、尾根筋の奥駈道は可成り風倒木が発生して、11・12月五度に亘って積極的に倒木処理に取組んで越年致しました。

23年度は、下記の通り特記事項がありました。

その一;近辺の未踏の山への開拓
    北山・禅舎ノ倉(V:875.0m)) 12日と213日再度に亘ってアタック。
    西山・白倉山(736m)、玉置山(777m) 険しい山で今迄敬遠していたのを挑戦。

その二;地蔵岳鎖場の改修と葛川辻水場周辺整備
    地蔵岳は大峯屈指の難所で、曽って神戸の医師・米沢典之氏が何度も足を運んで、従来の番線をステンレス鎖にやり替えて下さったのであったが、20年の間に取付けた木が成長して鎖が幹に喰い込んだり、木株が枯れて危険な状態になっているところから、根本的に修復して、米沢医師の志を継承すると共に、葛川辻の水場径に手を入れて、水の採取の便を図った。


その三;熊野修験奥駈行の接待とサポート
    5月28日、大型台風2号接近を押して玉置山から前鬼宿間を強行されたのを行仙・持経宿で接待すると共に、太古ノ辻から前鬼への下山に途中の徒渉箇所が危険と、二つ石から地蔵峠
(閼迦坂峠)経由、深夜誘導して事なきを得た。この行事で行仙宿の発電機が故障していたところから、寝屋川市から参加の高橋康信氏が代りの発電機を調達せよと金20万円の寄進をして下さったり、高松市から参加の熊野古道奥駈修験の会(代表松岡定幸氏)から台風12号に依る奥駈道復旧に金15万円の寄進を頂いたものである。

その四行仙宿ソーラー発電の充実化
    
会友
:児嶋道夫氏の献身的な奉仕と彼の技術で更に充実し、光力も増し蓄電されるようになった。お陰で発電機のガソリン荷上げが軽減された。

その五;行仙宿周辺整備で環境一変

    山小屋下、水場径への一帯の下刈り、枝打ちや管理棟下斜面の笹刈り、山小屋東窓下の擁壁積み、犬走りの舗装、行者堂下の浦向道擁壁の補修など一連の作業で小屋周辺の環境は一変した。これには、舗装に要したセメント、砂、バラス等多量の荷上の影の力が見逃せない。

その六;台風12号被災者復旧支援

    山上皓一郎宅の二階天井近く迄の浸水をはじめ、数名の仲間は床上浸水に及んでタタミ、建具、電気器具、はては車3台水没などの被害を受けて復旧が大変であった。いち早く関東から伊賀敷氏ご夫妻、伊藤 純氏、木村正人夫妻、関西から関本俊雄氏、乾 克己氏、瀧本昭太郎氏、横山義彦氏、森川 全氏らが、近くは川島、前田、松本夫妻、榎本、奥村各氏らが復旧に、茂原 治氏は幾便もの救援物資を届けて下さりその上、大勢の個人、団体からお見舞金を頂くなど、手許不如意の折柄、各位の友情に感激したものだ。これひとえに不断の交流の賜物であったと受け留めている。

その七;大峯の台風被害対策
    3軒の山小屋は安泰であったが、白谷、池郷両林道は崩落などで不通になり、取敢えず池郷林道崩壊箇所の高捲径を整備することから始め、五回に亘って奥駈道の倒木を処理して、来季の来山者に備えた。

その八;名誉会長:塩川正十郎先生の卒寿祝賀会
    我々如き新宮山彦ぐるーぷに塩川先生という大物が入会頂いて、内外に磐石な重石を利かせて頂いている。先生は10月13日、満90才を迎えられることから、お忙しい先生の日程を割いて頂き、10月1日、吉野山・竹林院で卒寿をお祝いさせて頂いた。71名の御協賛を頂いて盛大であった。

その九;日本山学会・秩父宮山岳賞の審査を受ける

    一昨年(平成22年)5月17日、18日、日本山岳会集会委員会15名の一行を行仙宿に迎えて交歓のひとときを催したところ、一行の石岡慎介氏をはじめ皆さんいたく我々の取組みに感動して下さり秩父宮賞に該当すると、精力的に資料をまとめられて審査委員会に働きかけて下さったのである。残念ながら私からの資料作成に力不足があって、入賞には至らなかったが、日本山岳会の中枢の方々に、我々の取組みが高く評価して頂けたことで充分と当の石岡氏や山彦の仲間に感謝している私です。

   

          

inserted by FC2 system